人工知能(AI)は医師の仕事をなしえるか?人工知能の発展と医師の役割

人工知能は人間の頭脳を超えた?―AIが囲碁のプロ棋士に勝った日

近年、人工知能の発展が目覚ましい進化を遂げています。人工知能(AI)とは、人工的にコンピュータ上などで作り上げられた、人間同様、あるいは人間以上の知能のことを指します。2015年に日産が自動運転車の発売を発表し、Googleが自社開発の人工知能をオープンソース化(誰でも自由に使えるように)したことで特に注目を集めました。

更に最近(2016年1月28日)では、数年前まではあと100年は人間が勝つと言われていた囲碁において、プロ棋士が初めて人工知能に負けたことが話題を集めています。将棋では2013年に初めて人工知能がプロ棋士に勝ち、チェスでは既に1997年に世界トッププロに人工知能が勝っていただけに、人間の最後の砦と考えられていた囲碁でこれだけ早く人工知能が人間に勝つというのは、予想外だったといえましょう。

将棋や囲碁のプロ棋士にとってみれば、自分が生涯かけて積み上げてきたものに対して、人工知能がそれをあっという間に凌ぐようになってしまうのは、不本意であるとともに、「自分がやってきたことは何だったのか」とでも言いたくなるような無常さを感じてしまうのではないのでしょうか。

実際、プロ棋士の仕事は、ファンの人々に素晴らしい棋譜(指し手の記録)を残すことだと考えている人も多いと思います。そのプロ棋士よりも、AIの方が素晴らしい将棋や囲碁を指すのだとしたら、プロ棋士は今後何を仕事としていけばよいのか、その存在価値を問われることになります。

続きを読む

広告