医師は「確率」とどう向き合うべきか?―医療における「確率」の功罪

how_should_a_doctor_deal_with_probability_as_a_tool?

医療の現場において、「確率」の概念は広く浸透しています。薬や治療法の比較検討においても、患者さんへの説明でも、「確率」は頻繁に用いられます。もし、医療において「確率」というものがなくなったとしたら、EBM(根拠に基づいた医療)やインフォームドコンセントの実践は不可能になるでしょう。

しかし、その何気なく使っている「確率」とは何でしょうか?

サイコロを振って3が出る確率は1/6、つまり6回に1回ですが、実際に「サイコロを6回振った場合に3が1回出る」のかというと、そうとも限りません(実際にそうなる確率は2/5です)。「ずっと繰り返せば6回に1回になる」と言うことは可能ですが、その意味するところは何でしょうか?

こうしてみると「確率」について私たちは、よく理解しないで使ってしまっているのかもしれません。そこで、以下に確率についての考察を加えた上で、「医師が本来どのように確率という道具と向き合うべきか」について考えていきたいと思います。

 

続きを読む

医師を取り巻く環境とは?―医師が選んだ「今年の漢字一字」の4年推移

医師が選ぶ「医学界・医師界における今年の漢字一文字」について

医師のコミュニティサイト「メドピア」が2012年から毎年実施している医師へのアンケートの中に、医師が選ぶ「医学界・医師界における今年の漢字一文字」というものがあります。各年の年末に行なわれ、毎年2,000~3,000人の医師が回答し、医師・医学界の一年を振り返るものとして発表されます。

今回は、医師が選ぶ「今年の漢字一字」の2012年から2015年の推移をもとに、一年の短期的な世相というよりも、根深く長期に渡って医師を取り巻き続けている環境を明らかにしたいと思います。

続きを読む

「幸福」についてよくある2つの思い込みとは?

幸福とは何か?

「人生の目的は幸福になることだ」と古代ギリシアの哲学者アリストテレスは言いました。しかし、幸福になるためにはどうすれば良いのか、そもそも幸福とは何であるのか、という問題は、アリストテレスの生きた時代から何千年も経った今でも、未だに決着がついていません。

幸福とは何か?この問いは、まさに「医師の幸福を考える」本サイトの主題でもあるので、これから何度も提起していきたいと考えています。今回は、考えるための地ならしとして、幸福に関してよくある2つの思い込みを紹介させていただきます。

続きを読む